ラインシステム - 釣り男は根魚を応援しています!大好きです!

ラインシステム

ショアジギング用にPEラインを使う事になった為、
 
ラインシステムについて調べてみた。
 
今まではフロロのラインに直でルアーを結んでいたけど、
 
PEラインは根ズレに弱いので、
 
ナイロンやフロロをショックリーダーに使わないといけない。
 
まずはメインのラインをビミニツイストでダブルラインにして、
 
ダブルラインとショックリーダーをオルブライトノットで結んで、
 
最後にショックリーダーとルアーをフリーノットで結ぶ。
 
実際にやってみると難しくて手が攣りそうになるし、
 
釣り場で結び直すのは時間がかかるだろうなぁ。
 
特に早朝の暗い時などは慣れないとムリだ!
 
直結出来るPEラインが発売されないかな〜

2006-08-10 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
釣り男さん こんにちはひろゆきです。

私はシーバス経験が結構長いのでラインシステムとの付き合いはそれなりに長いのですが、やはりビミニ+オルブライトノットが一番信頼できます。

しかしビミニはそれなりにうまくいきますが、オルブライトノットははじめのうちは相当な確率で抜けます。
釣りに行く前に、釣り用の手袋などで、両側から思いっきり引っ張ってみてください。
しっかりと結べていなければこれで簡単に抜けます。
でも強く結べていれば根掛りしてもフックが伸びます。(根ズレには本当に弱いですが^^)

釣り場ではビミニは困難を極めます。手がもう一本ほしくなる。。。私は木の枝とか岩のでっぱりを使ってます^^
また、オルブライトが難しい場合は電車結びがオススメです。

それからスナップを使ったほうがよいと思いますよ!
ただ安いやつは強度が弱いのでこっちが壊れることも多々ありますが。。。

では幸運をお祈りしています!
Posted by ひろゆき at 2006.08.11 00:49
ひろゆきさん 毎度です

ビミニツイスト+オルブライトノットの強さを体験しました。
なんとか結びはOKだったのか?
一度もスッポ抜ける事は無かったです。
しかしフックが折れてしまいましたので、
次回からはアシストフックを使うようにします。

やはり経験の長い方でも、
釣り場でのビミニは大変なんですね・・・
枝や岩を使うっていうのは大変参考になりました。
ジグを結び直すのがめんどうだったので、
次回はスナップも使ってみます。
いろいろとアドバイスをありがとうございました。m(_ _)m
Posted by 釣り男 at 2006.08.12 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22187524 ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
Copyright © 釣り男は根魚を応援しています!大好きです! All Rights Reserved.
このブログのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売はカンベンしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。